2005年11月01日

さぁ〜て

いよいよ始まりましたね「二輪用ETCモニター」
詳細はこちら

取り付け工賃や機械本体は無料なので、是非付けてみませんか?
posted by ぶちょ at 13:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

ユーザーの選択肢

やぎさんのブログで書かれている「それは正しいけれど・・・」を元に、自分なりの意見を書こうとしたが上手くまとまらん・・・orz
もう3日も推敲しているのに・・・w
(文才ないな>ワシ)

要約すると・・・
ホンダが販売店へのリリースで「コンペモデルを公道走行させるべからず」というお達しを出したらしい。
コンペモデルにナンバーを取得した公道走行仕様を製作、販売、および公道走行仕様にしたコンペモデルの整備を行ったことが発覚した場合はその小売店との取引を即刻中止するとのこと。
という内容なのだけど・・・

みんな、どう思う?
posted by ぶちょ at 14:22| 千葉 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

パワーエンデューロが短縮に

はじめに謝っちゃおう。
カタクルシイ話で申し訳ないm(__)m

かつてFF小湊でおこなわれていながら、突然のコース閉鎖で会場の変更を余儀なくされたパワーエンデューロが、コース予定地への侵入者という事件により15Kmのコース距離が8Kmに短縮されたらしい。
ぶちょは生憎どちらへも出場したことがないのだが、なんとも考えさせられる話だ。

続きを読む
posted by ぶちょ at 08:47| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

First Aid

firstaidkit.jpg 大昔(20年以上前)、とあるバイク屋に勤めていたんだけど、そこはホンダ直系の販売店で「OP店」と呼ばれるところだった。これはホンダが100%出資して作った「Open Point店」という意味だ。
なんたってバイク屋なのに労働組合に入っているし、その組合たるや本田技研(当時)のもので、5月のメーデーには当時の原宿本社に集まり、代々木公園で「エイッエイッ、オォ〜〜」などとやらされたりしたのだよw

 当然ホンダ系組織とのつながりも強く、ホンダ・モーターレクリエーション(通称:モーレク)がおこなうFirst Aid講習会も年に何回か行っていた。

続きを読む
posted by ぶちょ at 11:20| 千葉 | Comment(4) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

高速道の2人乗りオートバイ、解禁後の死傷者23人

- 朝日新聞サイトより -
2005年07月14日19時19分
 道交法改正で高速道路と自動車専用道路でのオートバイの2人乗りが解禁された今年4月から3カ月間に、全国で13件の2人乗りのオートバイの事故が起き、計3人が死亡、20人が負傷したことが14日、警察庁のまとめで分かった。

 改正道交法は、普通・大型自動二輪の免許取得から3年以上で20歳以上の運転者は、禁止区間を除いて高速道路などで2人乗りができるとしている。

 広島県のバイパス道で4月14日、免許取得後1年以内の17歳のアルバイト少年が転倒して死亡したほか、茨城県の常磐道で同28日、ガードレールに衝突した無免許の34歳自動車販売業が死亡。6月19日には大阪府の阪神高速を逆走した免許取得後1年以内の23歳の運転者が対向車と正面衝突して死亡した。3件とも亡くなったのは運転者だった。

 全国の警察は、20歳未満や免許取得後3年未満だったとして39人を、2人乗りが禁止されている都心の首都高速を通行したとして3人を取り締まった。


続きを読む
posted by ぶちょ at 21:35| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーザーとメーカーと海の向こうについて

negashoku.jpg先日書いたリヤショックのバンプラバーの件で、油圧機メーカーからメールが帰ってきた。
結論から言えば、単品での販売は「No」だそうだ。
残念だけど、これはこれでメーカーの姿勢なので致し方ないと思う。


っが!
一つ二つ考えさせられる事があったので書いてみる(自分の中で整理するためにも)

注)画像は記事の内容と一切関係ありません。えぇ、決して・・・
続きを読む
posted by ぶちょ at 16:10| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

(怒)

- Asahi.comニュースから -

国土交通省の全国の出先22事務所が02〜04年度、職員のレクリエーション用の野球やサッカーなどのユニホームを「作業着」と偽り、公費を流用して購入していたことが、24日わかった。不適正な支出は3年間で計688万円にのぼる。国交省は3月末にこの事実を把握していたが、一部を除き公表していなかった。

続きを読む
posted by ぶちょ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

ロードインパクト

オフロードバイクの林道に対するダメージについての記事を読んで −

確かに言われることもうなづけるかも。
基本的に林道は林業、農業のための作業道であり、また その地域に住む人にとっては大切な生活道路だからね。

そのためにもバイク乗りは気を付けないと。
やはりタイヤは一般的トレールタイヤが良いだろな。正直に言えばFIM公認の公道用EDタイヤくらいは使いたいときがあるけどね。
MXタイヤは論外。あれは「掘りすぎる」よ。

とはいえ、氏が言うように「バイクは道を荒らすからMTBに乗りかえなさい」というのは極論だと思う。
ご自身がバイクからMTBに乗りかえたから擁護したいという気持ちは理解できるが、これは「バイクは四駆やラリー車に比べればロードインパクトが少ないんだから走ったって良いじゃないか!」と言うのと同次元だよ。

MTBだって立派に道を荒らしているし、自然に対するインパクトは持ちあわせている。
詭辯に聞こえるかも知れないけど、人間の活動そのものが自然界にとっては破壊活動に等しいのではないかな?
だって徒歩でさえ環境を荒らすことを富士山が証明しているではないか。

もし「自然保護」を第一義に考えるなら、「自然の中には踏みこまない」ことが唯一の方法となってしまう。
でもそれはワシの楽しみ方とは相容れないよ。

山も海も、そこで「遊ばせてもらっている」という感謝の気持ちが大事だな。
みんなが長く楽しめるように、できるだけ気をつかってつき合いたいね!

(TI-DAからSeesaaへのブログ引っ越しのため、コメントが削除されています。申しわけありません)
posted by ぶちょ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

ETC普及促進キャンペーンに行ってきた

4月30日に横浜・大黒PAにて国土交通省関東地方整備局 首都高速道路公団主催で行われたETC普及促進キャンペーンに行ってきた。二輪用のETC車載機(試作)が発表になるというので興味津々だったのだ。

まあ試作と言うこともありでき具合に期待はしていなかったのだが、それにしても大きすぎ!
クルマより積載性の悪いバイクに、あんなデカイもの付けるのかよ〜

車載機メーカーの人間の言葉によれば、
1)本体自体は四輪用の流用だが防水ケースと車載機を包む緩衝材のせいで大きくならざるをえない。
2)アンテナも同様で、緩衝材と電子部品を内蔵するため四輪用よりも大きくなるらしい。

現場にいた車載機メーカーの人間にも話したのだが、次のような点が問題点だと思う。
1)デカ過ぎる
2)上の理由から搭載可能な機種が少ない
3)盗難が心配

yamaha01.JPGヤマハの大型スクーターに取り付けた図(アンテナ部分)
タバコの箱と比較してね。


yamaha02.JPG同じく車載機本体(シート下、トランクスペース)


yamaha03.JPGアンテナを横から見る


yamaha04.JPGハンドル上のカードステータス表示機


kawasaki01.JPGヤマハXJR400に取り付けたもの(アンテナ)


kawasaki02.JPG本体(テールカウル内)


問題を一気に解決する良い方法があるんだけど・・・


・・・どこかのメーカーさん、ワシのアイディア買わないかい?(笑)
posted by ぶちょ at 09:33| Comment(2) | TrackBack(1) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

いよいよです!

待ちに待った二人乗り解禁がいよいよ今日から!
いろいろあったけど、やっとこの日を迎えられて感無量だな。

撤廃会議の方は昨日づけで解散したけど、新しいNPO ARROWが今日から活動開始。
まだまだやるべきことはたくさんあるからね。

今日は幕張で開催されている東京モーターサイクルショーにでも行って、タンデムで来ている人達といろいろ話してみたいな。

おっと、その前に仕事しなきゃ・・・orz
posted by ぶちょ at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月22日

ゴマちゃん、カリフォルニアに現る!?

goma.jpgアザラシのゴマちゃんがカリフォルニアの砂漠に現れた?!
というのは冗談で、世界初の民間宇宙船だ。

アメリカってスゴイよね。こんなことが個人レベル(とは言っても産学共同体らしいが)でできちゃうんだから。
「自由」が限りないエネルギーを生みだす良い例だと思う。

ぶちょは自由が好きだ。他人に縛られるのは大嫌い。
だから自分の自由を保障するためなら、なんだってする。
でも自由はいつも責任と背中合わせだ。それくらいのことは常識として知っている。責任と義務を果たさない人間には自由を勝ち取ることも語ることもできない。

ぶちょは自由と同じくらいバイクが好きだ。
バイクは日常から自分を解放し、つかのま自由な非日常を見せてくれる。だからこそ、バイクの影にある責任と義務をきちんと認識しなければいけないんだ。それができないヤツはバイクに乗る資格無しだよ。
そのためには、ときに自分自身で自らにタガをはめ、不自由に甘んじる覚悟も必要なんだ。自由は甘くてキュートでフワフワしたものなんかじゃなくて、むしろ苦くてぶざまで苦しいものかも知れない。
それでもぶちょは自由が好きだ。バイクが好きだ。

・・・なんてことを考えたのは、ニセゴマちゃんの写真を見て、高速道路の二人乗りというささやかな自由を勝ち取るために(過去から)費やされた膨大な時間と先輩達の努力を思い起こしたからだ。

アメリカでは義務を果たす人間には大きな自由が保障される。
かたや日本では義務と責任を果たしている人間が、高速の二人乗りなどというささやかな自由を勝ち取ることにさえ40年の月日が必要なんだな。

日本には自由と我が儘をはき違えているヤツが多すぎる。
もしかすると自分もそうかもしれないが・・・
でも、日本には保護と干渉をはき違えている役人・政治家が多すぎる。
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月23日

パブリックコメント送った?

いよいよ明日が締め切りのパブコメ。みんな送ったかな?
ワシは今日、送ったよ。
言いたいことは山ほどあるけど、上手くまとめられなかったので、手短なメールになっちゃった。

大事なことは自分の意志を表明すること。
さもないと、どんな規制や法律で縛られても文句言えないもんね。

今まではユーザーもおとなしすぎた。
これからは、もっと行政に声を届けていこうよ。
そうすれば、きっと今よりもっと安全で良い環境が手にはいるはずだ。

声は出さなければ相手に届かないんだ。
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月20日

要望書を出したよ

自民党オートバイ議連会長の小里貞利氏と中村正三郎氏、自民党笹川堯氏宛に、一つのユーザー団体代表として「最後まで頑張ってくれ」という要望書を提出してきた。

一般市民が集まっただけの任意団体でも「ここまでできる」とも言えるし、「ここが限界」とも言える。そんなことをあらためて認識した一日だった。

もっと大きな力を持たないと、意見も言えないよ・・・トホホ
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年01月07日

バイク乗りの皆様

高速道路の二人乗り解禁を検討中の警察庁が、ホームページの「パブリックコメント」というコーナーで賛成か反対かの意見を集めています。
http://www.npa.go.jp/comment/index.htm

うわさでは賛成3:反対7の勢いということで、このままでは解禁を断念するかもしれません。
ライダーの自由と安全を取り戻すために、ぜひ「パブリックコメント」に意見を送ってください。誰でもメールできます。
締め切りは1月23日(金)です。時間がありません。みんなで協力しましょう!

高速道路二輪車二人乗り規制撤廃会議
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月26日

ついに!

夕方、友人のルポライターから電話があった。
「警察庁から高速二人乗りの条件が発表になりました。排気量126以上、年齢20才以上、経験3年以上です」

飛び上がらんばかりに喜んだのは言うまでもない。
もちろん年齢条件など無い方が良いに決まっているが、これは限りなく無条件に近い条件だ。
最も心配していた排気両問題も、現行許可されている126ccからと言うのはまさに快挙。

18や19のヤツは危ない一般道を走るのか?とか、なぜ四輪は免許取得していきなり同乗者を乗せられるのか?という理不尽な問題は残りはするが、実情は政治家と警察とのメンツ争いのようなものだから、このような落としどころに落ち着くのはある程度読めていた。

だけど今日だけはひとまず素直に喜ぼう。
この歴史的な出来事を仲間たちと分かち合いたい。

明日に向かって打つ銃の引き金には、既に指をかけているのだ(笑)
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月01日

解禁に向けて

一歩踏み出したようだ。
自民党バイク議連が今日、内閣案として二人乗り解禁を前向きに検討することを発表した。

まだ気は許せないけど、とにかく第一歩は踏み出した。
あとはシッカリと見張っていきたい。
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年06月04日

行ってきたぞ

1054945833_200x266.jpg今日、国会へ高速道路の二人乗り規制撤廃を求める請願書を提出してきた。あっけないほど簡単に終わって(済まされて?)、拍子抜けしたのが正直なところ。

これで全てが好転すると思うほど甘くはないけど、今の差別的状況へ一石を投じられたことは確かだから、とりあえず満足。
日本中から送られた声(署名)を代表して届けられたのは、責任重大だけど嬉しかったぁ〜(^^)

さぁ、次は正式なユーザー団体の設立だ。
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年02月03日

タンデム規制

倶楽部のホームページで政治的な問題を取り上げることには抵抗があったのだが、これだけは許して欲しい。
3ナイ運動と肩を並べる日本の愚法「高速道路の二輪車二人乗り規制」問題だ。

科学的な根拠も無しに「危険だから」と決めつけられ、二人乗り(タンデム)を禁じられているのが現状だが、本当に高速での二人乗りは危険なのだろうか?
信号、歩行者、交差車両等がない分、実は高速の方が安全ではないだろうか?

現行法は「より危険な場所(一般道)」へ我々ライダーを追い込んでいるのが実際だ。
部長個人は二人乗りの出来るバイクを持っているわけではないが、この問題は日本国内においてライダーを取りまく様々な理不尽さの象徴だと言える。
「自分には関係ない」では済まされないのだ。

ここだけで多くを語れるものではないので、興味がおありの方は以下のページにアクセスして欲しい。
CLICK and ACT !
http://www.seihosha.jp/freedom/
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月05日

流通手数料

いきなり怒りのモードである。

みなさん、純正部品ってどこで頼んでる?
ワシは隣町(千葉県茂原市)にあるMDモーターサイクルって店で部品を注文したら、「流通手数料」なるものを請求されたのだ。
不審に思ったので「なに、それ?」と訊いたところ、店側が言うには「昨今、部品もタダでは運んでくれない。だからその分は購入者に負担してもらう」ということらしい。部品注文一回につき¥300を申し受けます・・・だと。
店曰く、「¥100のものでも¥400で買ってもらう」そうだ。

まさに「なにそれ??」である。
他の店では そんなもの取られたことはないし、そもそも定価(または小売価格)が決まっていて それに対する仕切値の設定されている部品に対し、手数料を取るなんておかしいと思わない?
部品の配送手数料は購入者が負担しているのである。だったらウチまで配達しろよ!だ。

別に部品を値引きしろとは言わないし、定価で買うことに抵抗はない。
なぜって以前はバイク屋に勤めていたこともあるので、部品の粗利がいかに少ないかは十分理解しているからだ。でも、それに「手数料」のせちゃマズイだろう。
それとも最近は売り上げが落ちたってことで、メーカーからの配送にも経費を支払うようにでもなったのかね?? それにしちゃ他の店では取ってなかったぞ??
このへん、最近の事情に詳しい人いたら教えて欲しい。

千葉に引っ越してからいろいろな店に部品を注文した中では、ここの店は店員のお兄ちゃんは人当たりが良いし気に入っていたのだが、二度と行かないし、バイクを買うことも無いでしょう。
posted by ぶちょ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ オピニオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。